漢詩と中国文化
HOMEブログ本館東京を描く水彩画陶淵明英文学仏文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

有狐:行役に従う夫を気遣う(詩経国風:衛風)



  有狐綏綏  狐有り綏綏(すいすい)たり
  在彼淇梁  彼の淇の梁(はし)に在り 
  心之憂矣  心之(こ)れ憂ふ
  之子無裳  かの子裳(もすそ)無からん

  有狐綏綏  狐有綏綏たり
  在彼淇氏@ 在彼の淇の氏iがけ)に在り
  心之憂矣  心之れ憂ふ
  之子無帶  かの子帶無からん

  有狐綏綏  狐有り綏綏たり
  在彼淇側  彼の淇の側に在り
  心之憂矣  心之れ憂
  之子無服  かの子服無からん

キツネが何かを求めて、淇水の梁を渡っていきます、それを見るとわたしの心は乱れて夫のことを思い出します、さぞや下着も破れたことでしょう

キツネが何かを求めて、淇水の崖を渡っていきます、それを見るとわたしの心は乱れて夫のことを思い出します、さぞや帯もちぎれたことでしょう

キツネが何かを求めて、淇水の傍らを渡っていきます、それを見るとわたしの心は乱れて夫のことを思い出します、さぞや服もぼろぼろになったことでしょう


行役に従う夫の安否を気遣った歌である。綏綏は何かを求めて前後左右に独りいくことをいう、キツネのその姿に夫の頼りない気持ちを読み取ったのであろう。之子は夫をさしていう言葉である。






前へHOME詩経国風次へ



 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである