漢詩と中国文化
HOMEブログ本館東京を描く水彩画陶淵明英文学仏文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

キ州歌十絶句其四:杜甫を読む



杜甫の七言絶句「キ州歌十絶句其四」(壺齋散人注)

  赤甲白鹽倶刺天  赤甲白鹽倶に天を刺し
  閭閻繚繞接山顛  閭閻繚繞山顛に接す
  楓林橘樹丹青合  楓林橘樹丹青合し
  複道重樓錦繍懸  複道重樓錦繍懸かる

赤甲白鹽の両山はともに天を刺すように聳え、うねうねとした道にそった村里が山頂まで続いている、山腹には楓林や橘樹が彩り豊かに広がり、複道や重樓錦が錦をかけたように鮮やかだ


十絶句の其四。赤甲白鹽はともに山の名、その山に広がる村落の伸びやかなさまを歌う。山の険しさと村里の人懐こさとが対照的に描き出されている。






前へHOME杜甫次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2009-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである